FC2ブログ
カレンダー
    08 ◇ 2019/09 ◇ 10

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

プロフィール

    shirube

    • Author:shirube
    • FC2ブログへようこそ!
      ジャーニーランや山岳走を含むウルトラマラソンが大好きです。
      最近は、ロゲイニングに入れ込んでいて、只今ロゲイニング修行中です。 2010年は、奥武蔵・弘法山・菅平12・TREKNAO・鎌倉・横浜・菅平24・富士山麓・北八ヶ岳・etc..に参加。

      (似顔絵はAbi-Stationで作りました。)

ブログ内検索

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

    管理人宛への通信に以下のメール
    フォームをお使いください。

    お名前:
    メールアドレス:
    件名:
    本文:

RSSフィード
Book etc.

    古本市場古本市場


あし@

ブロとも申請フォーム

310XTの結露

2011年07月26日[22:24:14]
310XT結露17/18に蓼科・北八ヶ岳ロゲイニング(標高1800m±400m)に参加した際(朝6時スタート、前夜は気温15度くらいで幕営)、スタート時から310XTの表示画面部分に結露があった。翌日に東京都内で使用した際も結露が残り、その翌日からは気にならなくなった。しかし、7/23-24に夜叉ヶ池伝説マラニック(標高16m~1105m往復)に参加した際、再び結露した。表示面の半分~大半が曇り、表示されている数字が読み難い~読めない状態になった。

修理に出すにあたり、結露の再現をして結露が確かに発生している写真を撮りたいと思い、今日は310XTを腕につけて走ってみた。曇天で、思いのほか暑くない。直射日光の熱い状況を期待していたので、ちょっと拍子抜けした。

結露の再現は無理かなと思ったが、それでも1時間以上走っていたら、薄っすらと結露発生。
310XT結露2
熱い日射が原因かと思ったが、むしろ逆で、腕の体温から伝わる熱に対し、表示面が冷えているときに結露が発生するようだ。したがって、暑い中を走って、310XTを水道水や(夜叉ヶ池伝説マラニックの際のように)氷の入った水で冷やすと、310XT本体が温まっている一方で、表示面表面が冷え、その温度差で結露が発生するみたいだ。北八ヶ岳ロげの際は、冷えた朝の空気にさらされて表示面表面が冷える一方で、腕に装着してしばらくすると腕に密着している側は体温で温められたということだろう。
ただし、腕側が暖かく表示面側が冷えるのは、冬ならもっと極端である。それでも冬場結露が生じないのは、表示板の内側に多分水蒸気が入っていない状態が保たれているからなのだろう。それが何かの理由で水または水蒸気が入ってしまったことで、北八ヶ岳以降結露が発生するようになったと考えられる。

販売会社とメールをやり取りし、結露の写真を送った。まだ購入から1年以内の無料保障期間内ということで交換してもらえることになった。
関連記事

Garmin forerunner コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

コメント一覧
この記事へのコメント◇
○コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
  • 310XTの結露のトラックバックURLはこちら
  • http://shirubef.blog19.fc2.com/tb.php/2120-e1e12485