FC2ブログ
カレンダー
    09 ◇ 2019/10 ◇ 11

    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

プロフィール

    shirube

    • Author:shirube
    • FC2ブログへようこそ!
      ジャーニーランや山岳走を含むウルトラマラソンが大好きです。
      最近は、ロゲイニングに入れ込んでいて、只今ロゲイニング修行中です。 2010年は、奥武蔵・弘法山・菅平12・TREKNAO・鎌倉・横浜・菅平24・富士山麓・北八ヶ岳・etc..に参加。

      (似顔絵はAbi-Stationで作りました。)

ブログ内検索

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

    管理人宛への通信に以下のメール
    フォームをお使いください。

    お名前:
    メールアドレス:
    件名:
    本文:

RSSフィード
Book etc.

    古本市場古本市場


あし@

ブロとも申請フォーム

秩父往還走:スタート~CP1

2007年09月16日[08:33:02]
「第10回雁坂峠越え秩父往還140km走」は、甲府駅前を16日午前5時にスタートし、雁坂峠を越えて秩父経由で、ゴールの川越までの140kmを、制限時間24時間で走る。雁坂峠の前後約17kmが登山道である。雁坂峠越えのコース断面図を見ると判るように、標高差が約2000mもある。

今回の目標は、大会自己ベスト(20:37:04)を約40分以上縮めて19時間台またはそれより速く走ること。
でも、最近の体調からすると、かなり難しそうだ。気楽に行こうと思う。

しかし、スタート地点で早くもトラブルがあった。

今回は腕時計型のGPS:Garmin Forerunner 305を携行することにした。現在距離が判るし、現在のペースも判る。下見を入れればすでに10回以上走ったコースなので、今何処にいるかの問題はないが、現在のペースというのは疲れてくると判らなくなるので、このGPSはかなり強力な武器になると期待している。

だが、Garmin Forerunner 305 の標準使用可能時間は10時間である。とは言え、7月の夜叉ヶ池伝説マラニックにおける実績は、連続使用時間14時間オーバーだ。そして、私のこの大会での自己ベストは20時間37分。どう考えても電池が持たない。電池は内蔵の充電式の電池で、消耗したから電池交換というわけにはいかない。そこで、USB接続の外部電池を準備した。内蔵電池を充電するのにUSBからの電力を使う形式であることを利用し、乾電池2本を使って5Vを出力するUSBコネクタ搭載の充電器だ。

外部電池を用意したとはいえ、2回3回と外部電池の交換をしたくはないので、Garmin Forerunner 305 の電源ONはあまり早くない方が良いと思った。ギリギリ過ぎて、衛星捕捉が間に合わなくては困るので、5分前に電源ONにした。

しかし、場所が悪かったようだ。いくら待っても使用可能状態にならない。左側のたいして高くないビルと背中側にある駅ビル(これもそんなに高くない)が衛星信号を捕らえる邪魔をしているのだろう。移動するしかないみたいだが、スタート時刻が近づいている。スタート地点の範囲内で移動してみているうちに、スタート時刻になってしまった。しかたないので、305のStartボタンを押してスタートした。

駅前の交差点まで行けばOKになるだろうと思ったが駄目だった。ゆっくりでも移動している限り駄目そうなので、意を決して見通しの良さそうな十字路で立ち止まった。ようやく、位置測定可能状態になった。そして、ランナーとしては最下位になった。まあ、最下位といっても、まだ見える範囲に沢山いたけれど。

とにかく追い上げなくては!でも、急ぎすぎてもいけない。

甲府駅前から北に向かう直線道路の上り坂を2km行くと、コースは右折する。コース説明では、ここが2.0kmということだったので、lapボタンを押して記憶させた。13'57"で1.35kmという計測になっていた。0.65km距離計測開始が遅れてしまい、この2kmをキロ約7分で走った計算だ。いつもはスタート直後はキロ6分で走っている。少し急ぎたい。

しかし、さらに少し行くと、あとは約5km地点まで愛宕山の割と急な登りが続く。ここからは、流れに身を任すスピードにする。急ぎすぎて潰れては馬鹿らしい。先はまだまだ長い。

この登り坂で、あんころさんに追いつきかけたが、下り坂に切り替わったので、下りの早いあんころさんはドンドン離れていった。川の道525km完走の善ちゃんが一緒に走っている。
下り坂が終わり、左折。ほぼ平坦に感じる道を東に走る。あんころさんたちに追いつこうと思ったが、さらに差が広がった。他のランナーとの相対関係も、抜くより抜かれる方が多い感じだ。

10km
地図上の10km地点通過。305の距離表示は9.54km、時刻は6:12:15。GPSの距離計測は、地図の距離より少し長めのようだ。にしても、10kmを72分。昨年はほぼ60分だったはず。ペースが上がっていないことを実感。305の表示で、キロ7分程度で走っているのはすでに分かってはいたのだが、その数値が正しいと信じたくなかったが、やはり事実らしいとガッカリした。
昨年同様に、荷物は500ccPETボトル2本をつけたやや大きめのウエストバッグ。そのウエストバッグのベルトが腰骨に当たる感じで痛い。暑いので、シャツをベルトの上にしているので、タイツ1枚にクッションしかない。
ボトル1リットルが重いと感じる。朝食食糧の残りのおにぎり1個と50円コッペパン1本も、重いのでさっさと食べちゃいたい。
先に行っていたはずのあんころさんに抜かれた。コンビニに入っていたようだ。ついていけない。

15km地点通過。時刻は6:46:35。この区間7:30/km。全体の平均が7:06/km。このままペースがあがりそうもない。
約10分後、コンビニに入って、ガリガリ君(ソーダ味のアイスキャンディ)を買った。暑さを冷たいものを食べて紛らすしかない。
コンビニで停止したせいもあるが、この区間、ますますペースが落ちた。他のランナーにもほとんど抜かれるばかりだ。
そんな中で、さっきのコンビニで同じく買い物をしたR松師匠だけが、歩いたり走ったりの繰り返しでいつも前方に見えている。

そして、とうとう、スタート地点で一緒に行こうよと誘われたのに、「先に自分のペースで行く」と断った相手のYukoさんに追いつかれた。彼女についていくことにした。ついていけなければ、これからますますスローダウンし、どこかでタイムオーバーになりことが必至だ。必死になってついていく。

20km地点通過。時刻は7:34:44。この区間(15-20km)9:35/km。全体の平均が7:44/km。全体の平均が7:44/km。このままYukoさんについていければ、8:00/kmがキープできるかもしれない。
しかし、それにしても暑い。

塩山からの道が合流する23.6km地点を通過。時刻は8:03:34。この区間(15-20km)8:24/km。全体の平均が7:47/km。フー、既に昨年のCP1到着時刻を過ぎてしまった。今日はまだあと2.6kmくらいある。
ここから、バイパス。割りと登り坂だ。23.6kmでコンビニに寄ったYukoさんを待ち加減にゆっくり進む。歩きながら、mixiに簡単な報告を書いた。
Yukoさんが追いついてきて、一緒にトンネル2つを抜ける。2つ目のトンネルと出るとすぐCP1だ。

CP1
ようやくCP1(25.5km地点ということだが、実際は26.2kmくらい)に到着。時刻は8:33:06。この区間(23.6km~CP1)9:30/km(GPS計測で3.11km)。全体の平均は、(25.5km地点として)8:21/km。
一昨年と昨年の私の通過時刻は、7:49と7:50。それより43分も遅い。でも、Yukoさん情報によると、ギリギリで完走した第1回参加時の実績と比べると、23.6km地点を通過は、ほぼ同タイムだそうだ。このまま、第1回参加時の実績通りに行ければ、時間内完走できるかもしれない。

CPに着いた時、112位って言われた。後ろはアト30人くらいだそうだ(実際は出走者数がもっと少なく20人くらい)。そうかあ、その程度はいるのかあとちょっと安心した。(後ろにいる人数なんて安心する材料にならないんだけどね。)
5月に「川の道」往復完走を果たしたR松師匠も前後して到着。彼は、「登りは走らないで行く~」って言っていた。彼はきっと「川の道」もそういう走りをしていたんだろうな、なんて思う。

(続く)
関連記事

ランニング コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

コメント一覧
この記事へのコメント◇
○コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
  • 秩父往還走:スタート~CP1のトラックバックURLはこちら
  • http://shirubef.blog19.fc2.com/tb.php/1739-13019a5b