FC2ブログ
カレンダー
    10 ◇ 2019/11 ◇ 12

    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

    shirube

    • Author:shirube
    • FC2ブログへようこそ!
      ジャーニーランや山岳走を含むウルトラマラソンが大好きです。
      最近は、ロゲイニングに入れ込んでいて、只今ロゲイニング修行中です。 2010年は、奥武蔵・弘法山・菅平12・TREKNAO・鎌倉・横浜・菅平24・富士山麓・北八ヶ岳・etc..に参加。

      (似顔絵はAbi-Stationで作りました。)

ブログ内検索

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

    管理人宛への通信に以下のメール
    フォームをお使いください。

    お名前:
    メールアドレス:
    件名:
    本文:

RSSフィード
Book etc.

    古本市場古本市場


あし@

ブロとも申請フォーム

夜叉ヶ池の翌日/GPSの使用時間

2007年07月30日[22:29:25]
昨日は感じなかった痛みが、今日になって出てきた部位がある。腿前面の筋肉痛は、あって当然ということで心配していないけれど、右膝の内裏から尻にかけてつながる筋肉の膝近くの腱の痛みが気になる。

夜叉ヶ池2日目は、マニュアル上で約10時間の使用が可能としてあるGPS時計(先週入手したばかり)の電池のもちが実際どうであるか、そして消耗しきったときにどうなるのかの実験でもあったのだが、なんと14時間以上使うことが出来た。10時間過ぎてから、いつ何時どんな警告が出るのかな、電源が落ちるかなと、待っていたのだが、継続使用12時間頃に一度、電池が消耗しているという警告が出ただけで、14時間以上たっても普通に動いていた。

このまま使いつづけて、突然電源が落ち、一緒に今日の分のデータも消えてしまうと嫌だなと思い(通常は、計測をストップした後にリセットすることで、計測したデータセットを記憶させる手順になっている)、最終関門に到着したところでストップボタンを押した。一旦させて、さらにリセットした後に、もう一度計測をスタートさせて、そこからのデータはそのまま消えてもいいやっていう考えだった。

でも、実際は、最終関門でストップボタンを押した途端に電源が落ちた。計測の区切りがつくまで待っていた、これ以上は計測しないよっていうそんな感じだ。いくらなんでもそこで偶然電池が丁度消耗しきったわけではないだろう。
結果として、こっちの意志で電源OFFにしたわけではないことになった。この日のデータが、しっかり記憶されているのか、消えてしまったのか気になっていたが、充電をし終えて、今確認した。

結果は、「良かった!」だ。最終関門のデータまで、しっかり確認できた。14:13:41、これが今回の使用継続時間だ。なお、レーススタートの 3分くらい前に電源ONにした(衛星位置確認をするのに1分程度、場合によって数分かかるので、レースのスタート前にすぐ使えるようにしておく必要がある)。
次の機会には、ストップボタンを押したときなどではなく、それこそ、電池がつきて電源OFFになるまで使いつづけて見たい。

Garmin305の衛星捕捉感度はかなり良好だ。山の中は概ねOKだった(少なくとも衛星LOSTの警告表示は出なかった)。駄目だったのは、トンネル通過時。これはどうしようもない。2日目の3つあるトンネルの中は往復どちらも全てのトンネルで駄目だった。
スノーシェッドは、川側を通れば大丈夫のようだ。私は初め山際を走っていたので、「衛星LOST」になった。でも、即座に川側に移動したら、すぐに大丈夫になった。その後はずっとスノーシェッドは川側を通るように心掛けたので、問題なしだった。
関連記事

Garmin forerunner コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

コメント一覧
この記事へのコメント◇
○コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
  • 夜叉ヶ池の翌日/GPSの使用時間のトラックバックURLはこちら
  • http://shirubef.blog19.fc2.com/tb.php/1677-5c1523ab