FC2ブログ
カレンダー
    09 ◇ 2019/10 ◇ 11

    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

プロフィール

    shirube

    • Author:shirube
    • FC2ブログへようこそ!
      ジャーニーランや山岳走を含むウルトラマラソンが大好きです。
      最近は、ロゲイニングに入れ込んでいて、只今ロゲイニング修行中です。 2010年は、奥武蔵・弘法山・菅平12・TREKNAO・鎌倉・横浜・菅平24・富士山麓・北八ヶ岳・etc..に参加。

      (似顔絵はAbi-Stationで作りました。)

ブログ内検索

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

    管理人宛への通信に以下のメール
    フォームをお使いください。

    お名前:
    メールアドレス:
    件名:
    本文:

RSSフィード
Book etc.

    古本市場古本市場


あし@

ブロとも申請フォーム

夜叉ヶ池伝説マラニック二日目

2007年07月29日[22:27:04]
夜叉ヶ池伝説マラニック二日目は、早朝3:30のスタート。まだ暗い。涼しいけど眠い!2日目の走行距離は、89.6km。脚の状態はまあまあ(筋肉痛を感じたりはしていない)だが、しばらく走ってみると、動きが悪くペースが全然上がらないことが判明してきた。このままだと、途中関門に捕まるのではないかという心配が発生した。

第一関門まで(林道終点21.1km-7:10まで)が最も大変だったけれどど、様々な手段(前後に人が見えないときに歌を唄ったり、抜かれた時にその人に必死についていったり)で自分を発奮させて、なんとか時間内に通過した。

その後の登山道が元気に走れたので、少し余裕ができた。とは言え、その後もずっと時間計算しながらのギリギリの走りだった。山道で知り合いになったこの大会初参加のSさんとその後も一緒に走れたので、キツイながらも楽しかった。

夜叉ヶ池での関門との戦いは、今度が2度目だ。厚紙にメモしておいた主要地点の距離や関門時刻のリストが役にたった。それと、GPS時計も、今どのくらいのペースで走っているかがわかるので、その上がり下がりに一喜一憂しつつも、(必要なペースが出ているときは)ちょっとした安心材料になった。

夜叉ヶ池往復の登山道ではガスっていたのに、下山後は次第に晴れて暑くなった。復路の林道終点で、天気はこのままだろうと判断して、暑さ対策グッズの一部(帽子の後ろにつけるフードや首に巻く冷却バンダナ)を林道終点に預けてしまったために、暑くなってからは少し大変だった。

今年から、マイカップ携帯製になった。1日目スタートのときにプラスチックのコップと帽子止めクリップを貰い、それを携えて走った。プラスチック製の薄いコップなので全く重くなく、したがって邪魔にならず、それでいて、給水所からコップに飲み物を入れたまま動き出せるので、結構便利だった。

後半は、全参加者数に占めるスペシャルコース参加者数の割合と比べ、随分高密度でスペシャルコース参加者が私の前後を走っていた感じがする。スペシャルコースは1日目の下山路がキツイので、疲れが今日に残り、多くの参加者が今日苦戦していたのだと思う。

最終関門をギリギリのタイムで通過した後に、そこまで一緒に走ってきたSさんと別れ、最後の区間は単独走をした。私のゴールは、制限時間15分前の18:45だった。

ゴールするとすぐ、電車の発車時刻をチェックし、急ぎ入浴し、駅まで走って電車に乗り、なんとか予約の夜行バスに間に合った。
帰りのバスもまた、とにかく窮屈。筋肉が疲れている分、身体を伸ばせないことが、余計に辛かった。

本日の走行距離:90.6km。

関連記事

ランニング コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

コメント一覧
この記事へのコメント◇
○コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
  • 夜叉ヶ池伝説マラニック二日目のトラックバックURLはこちら
  • http://shirubef.blog19.fc2.com/tb.php/1676-8543e41e