FC2ブログ
カレンダー
    10 ◇ 2019/11 ◇ 12

    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

    shirube

    • Author:shirube
    • FC2ブログへようこそ!
      ジャーニーランや山岳走を含むウルトラマラソンが大好きです。
      最近は、ロゲイニングに入れ込んでいて、只今ロゲイニング修行中です。 2010年は、奥武蔵・弘法山・菅平12・TREKNAO・鎌倉・横浜・菅平24・富士山麓・北八ヶ岳・etc..に参加。

      (似顔絵はAbi-Stationで作りました。)

ブログ内検索

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

    管理人宛への通信に以下のメール
    フォームをお使いください。

    お名前:
    メールアドレス:
    件名:
    本文:

RSSフィード
Book etc.

    古本市場古本市場


あし@

ブロとも申請フォーム

終われない周回走

2006年12月24日[20:55:26]
今日は、山の方に行くつもりだったが、昨夜の夜更かしのために目覚めた時の体調が悪く、出かけそびれてしまった。

我が家の冬の午前中は、向かいのビルのために日蔭になるので、晴れの日でも曇っているとしか思えない。朝はいつも暗くて、うっかりすると時刻を勘違いするほどだ。したがって、このところどうしても朝に弱い。
昼過ぎにようやく、我が家も日差しが射して来た。太陽に誘われて走りに出た。

坂道を走りたかったので、図書館まで行って本を返した後に、その近くの坂道周回コースを走った。走ってみたら、このコースも我が家と同じでずっと日蔭だ。寒々とした雰囲気だが、登って~平坦で休んで~それから下ってという1周を繰り返していると、ほどよく汗をかいた。上り坂をヨタヨタ登った時もスイスイ登った時も、結局1周のタイムはあまり違わず、1周すると5分弱のコースである。疲れて1周5分以上かかるようになったらやめようと決めた。
でも、こういうアップダウンは呼吸が荒くなる割に意外と疲れが来ないようだ。登って下っての繰り返しが良いリズムになって気持ち良い。登りで使う筋肉と下りで使う筋肉が違うんだろうな。どちらの筋肉ももう一方の坂で休憩してるのじゃないかと思う。

坂だけでなく階段の登り下りもしたいなあと思ってキョロキョロして走っていたら、コースの途中に歩道橋があるのに気づいた。ここは結構よく通るところなのに、ここに歩道橋があるなんて完全に見落としていた。この辺りで横断することが全くないせいなのだろう。歩道橋に登る階段が歩道を通るのに全く邪魔にならない位置にあるせいもあるかもしれない。

その歩道橋は、進行方向を変えずに真っ直ぐ登ってそのまま下れるように階段がついていたので、この階段も昇降することにした。1段飛ばしに登るといい感じだ。私の歩幅に丁度合っている感じだった。この周回コース1周のうちこの登りが一番快感だったかもしれない。
下り階段は1段ずつしか下れなかった。1段ずつだと結構遅く感じるが、1段飛ばしに下るのは恐かった。

走り始めて1時間が過ぎた。登り坂でふくらはぎがピクピクしてきた。まだ1周に5分以上にかかるほどは落ちてなかったけれど、そろそろ帰ろうかなと思った。でも、これがなかなか終われない。
---家に帰るために周回コースを離脱すべき地点は1箇所だけ。そこをA地点とすると、そこから少し登った所が図書館前(B地点)というロケーションだ。1周のタイムをB地点から測り始めたので、A地点で家に向うと最後の1周のタイムが中途半端になる。自宅~B地点はよく走るコースなので、ランニング日記にもこの区間タイムを記載している。だから、B地点まで走ってからUターンして帰ろうと思って最後の1周のつもりでB地点まで走る。 でもB地点まで行くと、いい感じだからもう1周しようという気持ちになってしまう。その繰り返し。いつまでも終われない。
結局、Uターンで戻ろうとすると終われそうもないので、B地点(Y字路になっている)から別の周回コースにコースに入って1周し、それでようやく帰路につけた。

復路の緑道は、よく走っている平坦なコース。いつも走っているホームコースなのだが、さっきまでのアップダウンのコースと違い、とても走りにくく感じた。脚が疲れているなって感じた。坂道と平坦道、こんなに走り方が違うんだなって思った。
平坦道では、あんなに呼吸を荒くしたりすることも脹脛がピクピクしてしまうほど走ることもまずない。坂道だとそれが結構楽に出来てしまうみたいだ。面白いものだ。
関連記事

ランニング コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

コメント一覧
この記事へのコメント◇
○コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
  • 終われない周回走のトラックバックURLはこちら
  • http://shirubef.blog19.fc2.com/tb.php/1457-a6bcb48c