カレンダー
    08 ◇ 2017/09 ◇ 10

    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

    shirube

    • Author:shirube
    • FC2ブログへようこそ!
      ジャーニーランや山岳走を含むウルトラマラソンが大好きです。
      最近は、ロゲイニングに入れ込んでいて、只今ロゲイニング修行中です。 2010年は、奥武蔵・弘法山・菅平12・TREKNAO・鎌倉・横浜・菅平24・富士山麓・北八ヶ岳・etc..に参加。

      (似顔絵はAbi-Stationで作りました。)

ブログ内検索

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

    管理人宛への通信に以下のメール
    フォームをお使いください。

    お名前:
    メールアドレス:
    件名:
    本文:

RSSフィード
Book etc.

    古本市場古本市場


あし@

ブロとも申請フォーム

第3回奥武蔵グリーンライン42.195km、なんとか完走

2006年10月15日[20:32:01]
今日は、第3回奥武蔵グリーンライン42.195kmチャレンジラン&ウォーク。

しかし、昨夜は、本を読んだりTVを見たりで、なかなか今日出かけるための準備をしなかったので、寝たのは4時、起床は5:10。約1時間の睡眠で、奥武蔵に出かけることになった。

今回は、ナンバーカード順に10秒間隔1人ずつの時差スタート。ただし、7:30~9:00までを10分間隔で分けて、参加者の希望時間帯を考慮してナンバーを決めている。
したがって、同じ時間帯の人(10~30人:平均約21人)とは10秒間隔だが、違う時間帯の人とは10の倍数分の時間差がある。しかし、10秒*6で1分だ。この差は結構大きい。
したがって、余程の幸運に恵まれない限り、同じペースで走るランナーは近くにいない。遅い人を抜き捲くり、速い人に抜かれ捲くるだけで、競り合って走る相手は殆んどいない。これ、結構キツイ。
ちなみに、前回は、30分間隔4時間帯に分けての各一斉スタートだった。昨年の方が、前後に同じくらいのペースの"ライバル"がいたので走り易かった。

現実がどうなるかは別として、希望的目標は4時間以内。それが無理なら4時間10分または4時間12分に下方修正しようかという心積もりでスタート。なお、私は、9:40台のスタートでエントリーしたが、早くスタート会場に到着したので、9:20台の最後にスタートさせてもらった。この辺、スタート時間帯をずらすのも自由という気楽な大会である。(スタート地点で、スタッフが、何番が何時何分何秒にスタートしたと随時メモっている。スタッフの方、ありがとう。)

初めの約2km(もっと短いかな?)はそこそこ平坦だが、その後ひたすら登り。5kmの表示を見逃したが、5km前後からアップダウンの繰り返しに登っていく。7.5kmで奥武蔵ウルトラマラソンのコースであるグリーンラインに出て、その合流点が最初のエイド。ここまで44:45、まずまず。

エイドを出るとすぐ、物見山までのハイキング道(未舗装)を往復。その途中で、8:30台スタートのランナーに抜かれた。速い!

トレイル往復を出るとすぐ10km。タイムは1時間02分。
このままアップダウンの多いグリーンラインを30kmの刈場坂峠エイドまで31~32分/5kmで走れるといいのだが。

15km、1時間33分。
18kmのエイドで抜いた女性ランナーに、エイドの少し先で抜き返された。後ろをついていったが、少しずつ離された。しかし、彼女は少し先の茶屋のトイレに入った。
20km、2時間04分。
登って下る繰り返し。後ろから足音。さっきの女性だ。また、後姿が遠ざかる。でもしばらくしたら歩き出した。
23.5kmのエイドに、私が少し早く入った。エイドから次のエイドまでほぼ前後して走ったのは彼女が初めて。お陰で、失速しないですんだ気がする。でも、彼女を見たのはここまでだった。

次のエイドへ向う途中で、4人ぐらいが一団になって追いついてきた。多分、8:30台スタートの4位(?)集団なのだろう。私を抜いた後、彼らは次第に縦に延びていった。下りで一度、2人を抜いたが、登りになって抜き返された。彼らの最後を走るのは#75の女性ランナー。彼女をひたすら追いかけた。登りきると、30kmのエイド。3時間15分になっていた。

お汁粉をオカワリしてそして出発。#75はまだエイドに残っている。
キロ6分ペースに戻すのに残り12kmで15分の"借金"を返さないといけない。キロ5分未満で走らないといけない。でも、この時の私は、4時間12分の12分とこの15分を比較して3分稼げばいいんだなんて楽観的になっていたような気もする。(^^;)

奥武蔵ウルトラマラソンの時はここまで来るとホッとする、ここから折り返し(今日は最終エイド)までは比較的平坦な印象。しかし、今日は結構登りだ!って感じた。それだけ脚に疲労が溜まってきていたのだろう。
いつもはここまでのアップダウンよりもここからの区間の5kmタイムの方が良いのだが、今日は違っていた。
エイドで長休みしていた#75に3kmくらい走ったろ頃で追い抜かれた。すでにこのコースの最後の登りが終わって下り坂になっているので、さっきは下りで抜き返した#75について行こうとしたのだが、今度はグングン離されてしまった。35kmの表示を見つけ損ねて、35.4kmのエイドに到着、3時間53分。

奥武蔵ウルトラマラソンでは、ここで折り返すが、今日はここからゴールまでひたすら下りだ。
このエイドにはソーメンがあった。ここでも、#75は長居していた。余程昨年食べそびれたのが悔しかったらしい。30kmのエイドで、スタッフとそんな話をしていた。(^^)

ここも、#75より私が先に出た。私は身体だけでなく頭も疲れていた。3:54:xxの時計を見て、残り7kmをキロ5分=35分で走れば、まだ4時間10分で走れるなんて計算していた。(^^;)
脚が疲れている。思うように脚が回転しない。私がエイドを出る頃にエイドに到着したランナーに抜かれた。彼に必死についていく。しばらく走ると#75にも抜かれた。#75は、「彼」も抜いた。それならと、私も「彼」を抜いた。何故かあっさり抜くことが出来た。

#75に抜かれて少し追いかけると40kmの表示があった。4時間17分。ヘッ? 4時間10分が切れるつもりでいたのに、ガッカリ。少し考えて、35kmでの計算が違っていたのに気づいた。そして、走り終わってから、時計のメモリをプレイバックして、初めて30-35kmが異様に遅かったことを知った。
#75がドンドン遠のいていった。昨年は、24km地点辺りから30分早くスタートした走友Yさんに追いついて一緒に走ったのに、今日はまだ追いつけないでいる。今日のスタート時間差は20分ちょっとだったというのに。最後の最後で追いつけるのだろうか。「追いつきたい」・・・今やそれだけを考えて走るしかない。

急な下りを走りきると、雁坂峠越え秩父往還141km走で走った国道。あと、ほんの少し。
ついにYさんに追いつけなかった。ゴールの学校の校庭に入る短いけど急な坂を登る。ゴールテープの向うにYさん。私より3分か4分早い到着だったらしい。
私のタイムは、4時間27分。とりあえず昨年より11分速かった。

スタート前、高麗駅からスタート地点まで走り、帰りは、新宿から自宅まで走ったので、
本日の走行距離:51km くらい。
関連記事

ランニング コメント:2 トラックバック:1 [Edit]  Top Page.△

コメント一覧
この記事へのコメント◇
『』
確かに、同じベースの人とはまず合えないですよね。

ごぼう抜きしているときも集団と集団の間はしばらく一人旅で、もう抜くことはないだろうなーと思っていると次の集団に出くわす。最後までその繰返しでした。

最後のエイドで、私ものびたソーメンを流し込んでラストスパートで気合を込めました。
2006/10/16(月) 10:22:39 | URL | 俺祭り104 #-[ 編集]
『』
俺祭り104さん、最後まで気持ち良く走れたみたいで何よりです。本命の大田原、この勢いで頑張って下さい。
2006/10/16(月) 12:10:27 | URL | shirube #-[ 編集]
○コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
  • 第3回奥武蔵グリーンライン42.195km、なんとか完走のトラックバックURLはこちら
  • http://shirubef.blog19.fc2.com/tb.php/1391-fdc4162f
グリーンライン グリーンライングリーンライン(green line、UN Buffer Zone in Cyprus)とは、キプロス島にある南部のギリシャ人|ギリシャ系住民が支配する地域と、分離独立を求めている北部のトルコ人|トルコ系住民との衝突を抑止するため1974年に国際連合|国連が引い

2007/03/31 09:07:05 ◇ 聖菜の記録