カレンダー
    05 ◇ 2017/06 ◇ 07

    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

    shirube

    • Author:shirube
    • FC2ブログへようこそ!
      ジャーニーランや山岳走を含むウルトラマラソンが大好きです。
      最近は、ロゲイニングに入れ込んでいて、只今ロゲイニング修行中です。 2010年は、奥武蔵・弘法山・菅平12・TREKNAO・鎌倉・横浜・菅平24・富士山麓・北八ヶ岳・etc..に参加。

      (似顔絵はAbi-Stationで作りました。)

ブログ内検索

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

    管理人宛への通信に以下のメール
    フォームをお使いください。

    お名前:
    メールアドレス:
    件名:
    本文:

RSSフィード
Book etc.

    古本市場古本市場


あし@

ブロとも申請フォーム

雁坂峠越え秩父往還141km走、完走

2006年09月18日[16:43:49]
CP4川又を出た後は、約2kmの登り。
栃本関所 14:12。

栃本関所からは、秩父までほとんど下り。
最初は自分の走りを抑える意図で余裕をもってついていった前行く二人に、次第についていくのがきつくなる。くっついて走っているから辛うじて保てるペース状態になってきた。
CP5:71.5km大輪増田屋15:38。

大輪過ぎで雨。この雨はすぐやんだが、雨支度の間に、先行の2人から大きく離れた。その後は、見え隠れする2人を追って走った。
秩父手前から本格的に雨。
CP6:90.0km秩父熊木商店17:59。

CP6で雨衣を着込むとともに、夜間走行のライトの用意をした。ヘッドライトの調子が悪い。接触不良らしく、点灯させてもすぐ消えることが多い。気まぐれに長時間点灯し続けてくれる。不便だが、これで今夜は凌ぐしかない。
トンネル手前で、雁坂峠~秩父を前後して走ったEさんに抜かれた。速い!(Eさんは、そのまま逃げ切って女子優勝を果たした。オメデトウ!)
付いていこうと頑張ってみたが、無駄な努力だった。
雨が酷くなった。雨の暗い夜道の正丸トンネルへの登りは、いつも以上に寂しい。
CP7:104.0km正丸屋20:23。
正丸屋に、優勝候補のFさんがいたので吃驚、体調不良と雨から来る寒さでリタイアとのこと。

正丸屋を出た途端に、脚にブレーキがかかった感じ。昨年は、ここで雁坂峠を下った時の筋肉痛が出た。残りは歩いた。今回は、そうならないために、峠からの下山をゆっくり下った。
しかし、筋肉「痛」ではないが、完全に筋肉が疲労している。昨年は月夜だったが、今年は雨。冷える分だけ、疲れた筋肉が働いてくれない感じだ。
CP8:121.6km日高市久保交差点23:57。昨年とほぼ同じ区間(CP7-8)タイムに落ち込んだ。昨年の二の舞状態になってきた。
秩父を出るまでは20時間切りを目指していたのに、ゴールはまたも制限時間ギリギリか?

久保交差点から川越ゴールまでの19.5km、とても長かった。筋肉「痛」でない分、平坦なところは昨年よりわずかに速く前進できたようで、なんとか昨年より早く完走。
3時54分(22時間54分)、ゴール!
しかし、最後の1~2kmは、昨年よりも動かない脚になってしまっていた。歩幅数10cmだったのじゃないだろうか!

今回は大会記録が更新され、優勝タイムは.15:49:51だった。6位ですら17時間台。参加者が増え、レベルが上がった印象だ。

右腕に骨折2箇所をしてギブスで固めた身体で完走したランナーがいた。時間は22時間05分。奮闘賞ということで特別表彰された。

雁坂峠の下山時に転倒した人が多数いたようだ。私自身、滑って尻餅を付いたところを目撃したし、転倒して足を強打したために後半を歩き通したラン友もいた。
しかし、今回は、そのような小さな怪我等に留まらず、急斜面の斜面を滑落して大怪我をした参加者もいた。後続ランナーに助けられて下山口のチェックポイントまでたどり着き、そこから病院に運ばれた人がいて、治るまで3ヶ月の骨折だそうだ。とりあえず、命にかかわる転倒にならなくて良かったというところ。

他にも、正丸トンネルの歩道で転んだ人も何人かいたようだ。このトンネルは、歩道の端(車道側)に反射灯と思われる小さな突起が頻繁にあるので危険だ。しかも歩道は泥でぬかるんでいるところが多くて滑るのが恐い。足元だけでなく、天井から下に向って看板か何かの突起もあるので、背の高い人は、頭の方も気をつけないといけない。

この大会は、通常50%前後の完走率なのだが、今回の完走率は、70%(68/97)に上がったそうだ。永久ナンバーが時間内完走者に与えられるが、今回の取得者は42名。これまで8回で125名なので、一挙に急増である。なお、女子は出走8名中7名完走という高完走率だった。
関連記事

ランニング コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

コメント一覧
この記事へのコメント◇
○コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
  • 雁坂峠越え秩父往還141km走、完走のトラックバックURLはこちら
  • http://shirubef.blog19.fc2.com/tb.php/1363-59a3bd44