FC2ブログ
カレンダー
    09 ◇ 2019/10 ◇ 11

    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

プロフィール

    shirube

    • Author:shirube
    • FC2ブログへようこそ!
      ジャーニーランや山岳走を含むウルトラマラソンが大好きです。
      最近は、ロゲイニングに入れ込んでいて、只今ロゲイニング修行中です。 2010年は、奥武蔵・弘法山・菅平12・TREKNAO・鎌倉・横浜・菅平24・富士山麓・北八ヶ岳・etc..に参加。

      (似顔絵はAbi-Stationで作りました。)

ブログ内検索

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

    管理人宛への通信に以下のメール
    フォームをお使いください。

    お名前:
    メールアドレス:
    件名:
    本文:

RSSフィード
Book etc.

    古本市場古本市場


あし@

ブロとも申請フォーム

私の知らない佐倉マラソン

2006年03月26日[19:36:03]
第25回佐倉朝日健康マラソンに参加した。過去何回か参加しているので、数年ぶりの参加だったが、見知ったコースを走るつもりでした。でも、今回の佐倉、私の知っていた佐倉マラソンではなかった。もう第25回だというのに、未だにコース変更が続いているようだ。

前日に要項に描いてあるコース略図を見た。前半の表示がよく分からなかったのだが、その前半が私の知っているものとはかなり変更になっていて、行けども行けども今までとは違うし、ぐちゃぐちゃしていて、どの方向に走っているのかさえ分からなくなった。

次はこうなっているからこう走ろうって先をイメージしながら走るのが私の走り方。それが出来なかったので、走るのがとても成り行き任せの不安なものになってしまった。

終盤も34~40kmが予想と違い、とても遠く感じてしまった。

今日は、朝駅に向って走る時から不調。駅に着いたら大して急いだわけでもないのに、息切れして吐き気を感じるほどだった。

電車に乗っている間に気分が良くなることを期待したが、逆に乗り物酔い状態になり、途中下車したくてしかたないくらいに載っているのが辛かった。

そんな状態だったので、今日は、頑張って走ろうという気持ちをスタート前から諦めた。完走のみを願って走ることにした。

脹脛上部の痛み対策で、昨夜寝る前にチタンテープを貼っておいた。手袋の中に痛み止めの錠剤を忍ばせておいた。スタートに向う時その錠剤に気づいて飲んだ。手袋以外のところに携行していたら、忘れて飲まないままのスタートになっていた。手袋に忍ばせたのは正解。

スタートしてしばらくは、痛みがあったが、いつの間にか痛みは感じなくなっていた。

速く走るとすぐ吐き気が来そうだし、前半早いと必ず後半大きくスローダウンするのが分かりきっているので、ひたすらゆっくり抜かれまくった。それでも、5km通過は28分32秒だったので、少し気を良くした。いつもなら25分すらきれないならとてもガッカリするとことだけれど。

その後も、若干の揺れはあるが、似たペースで走れた。少しずつ抜いたり抜かれたりの状況になって14kmまで行った。

15km付近のきつい上り坂は途中からあるいたので、大勢に抜かれた。でも、坂の終わりから再び走り出し、今度は抜きまくった。右に折れると今度は下り。さっきの登りの開始で抜かれたランナーを抜いて元位置に復帰と言うところ。

そのままの勢いで走って、5km手前で先行していった古い走友も抜いた。16km~20kmはキロ5分ペース。いい感じ。残りは20kmちょっと、少し頑張り加減でももう完走はできそうだ。気が楽になった。

そのままエイドの度にクロワッサンとスポーツドリンクを口にしながら走った。遅いところで走っていると、抜いていないとペースをキープできないというのが辛い。抜いているとスピードが速く感じられて、その分身体がきつく感じるから。その一方で、抜きまくって走れるのは気分がいい。

そんな風に順調に走っていたのだが、しかし、28kmのエイドで給水ミス。ここまで水テーブルの先にスポーツドリンクテーブルがあったので、そのつもりで水をパスしたら、それでお終い。その先のテーブルは消炎スプレー等だけだった。次でいいやとそのまま走ったら、次にエイドが遠かった。痛恨の給水ミス。

曇っていて肌寒いが、それでも走れば体温が上昇。水分を摂って体を冷さないとオーバーヒートする。体が熱くなってしまいスピードダウン。16km手前から抜きまくっていたのに、抜かれ始めた。抜いていても走行速度はキロ5分を超えていたのだから、抜かれるようになったらキロ6分近くにダウン。

行けども行けどもエイドがない。長い長い印旛沼畔サイクリングロード。目印になる物がないので、何処ら辺を走っているよくわからない。余計に遠く感じる。

34km、ようやくエイド。まず水を摂り、それからスポーツドリンク。生き返った感じ。でも、今度は田んぼの中の道。このエイド近くの山の上がゴールのはずだが、しばらくゴールから離れるように進んで、それから右に曲がって山際を戻ってくる。でも、どこまで行くんだ?行けども行けどもまだ先行ランナーが先に見える。

とても長く感じる4km弱だった。多分38kmあたりで、右に2回折れて、ようやくゴールに向った。気持ちが楽になった。残りは大体走路がイメージできる。

35kmで3時間10分だったので、このまま5kmを28分ペースで走れれば3時間50分をきれるかなと計算したが、40km地点通過タイムは3時間40分。この5kmは29分台だった。最後の500mは競技場のある小山へ登る。競技場についてからダッシュしたが、その前の登りで失速していたので、ゴールタイムは、3:53:14だった。

スタート前の状態は、5時間の制限時間では走れないかもしれないと思えるくらいだったので、意外とよく走れたと思う。

でも、この大会にエントリーしたのは、勝田マラソンの結果が悔しかったから。悪くても3時間30分をきって今シーズンを終えたかったから。なのに、50分オーバーになるとは!あ~あ!
関連記事

ランニング コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

コメント一覧
この記事へのコメント◇
○コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
  • 私の知らない佐倉マラソンのトラックバックURLはこちら
  • http://shirubef.blog19.fc2.com/tb.php/1163-4b0936f3