FC2ブログ
カレンダー
    07 ◇ 2010/08 ◇ 09

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

プロフィール

    shirube

    • Author:shirube
    • FC2ブログへようこそ!
      ジャーニーランや山岳走を含むウルトラマラソンが大好きです。
      最近は、ロゲイニングに入れ込んでいて、只今ロゲイニング修行中です。 2010年は、奥武蔵・弘法山・菅平12・TREKNAO・鎌倉・横浜・菅平24・富士山麓・北八ヶ岳・etc..に参加。

      (似顔絵はAbi-Stationで作りました。)

ブログ内検索

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

    管理人宛への通信に以下のメール
    フォームをお使いください。

    お名前:
    メールアドレス:
    件名:
    本文:

RSSフィード
Book etc.

    古本市場古本市場


あし@

ブロとも申請フォーム

菅平高原24 回想(4)終盤

2010年08月28日[20:52:50]
烏帽子岳直前の登りで後方にヘッドライトのような白い小さな光を見た気がしたが、頂上で実況ブログに報告している間に、チーム・ハライチの2人が到着。今大会、スタート後に会う初めての他チーム参加者だ。


より大きな地図で 菅平高原24Milestones を表示

4人で烏帽子岳を西に下る。岩剥き出しの急な尾根を下るのだが、どこが道かほとんどわからない。各人が右に行ったり左に行ったりしながら、最も下り易そうな、そしてその先も下れそうなルートを探る。2人よりも4人。暗い時の不確かな道は、大勢でいるいことこそ頼りになる。いいタイミングで合流した。

斜面が緩やかになると、分岐。北西へ角間渓谷に下る道をハライチは進み、我々は西に真田町を目指す。

なだらかな道を走り下る。久しぶりに走っている。しばらくすると、林道と交差、林道を横断した先にも登山道がそのままほぼ直線的に下っている。少しだけ登山道を進んだが、折り返して林道を辿る。ここが多分、地図に書いてある南南西に道が折れている場所だ。登山道を進んでも多分再び林道にぶつかるだろうが、林道を走るほうが負担が少なさそうだ。

鋸の刃のように右に左に折れるようにギザギザ下る林道。左に大きくカーブする箇所の右路肩に山道の入口らしい小道。林道を少し進んで方向を確認し、このカーブが#51へ行くか#77へ行くかの分岐であると確信した。


しかし、小道に入るとどうもおかしい。方向が微妙に違うのはいいとして、最大傾斜方向に下るはずがそうではなく、左側が急激に落ちている。恐らく道は地図の位置より少し南に切られているのだろうと推測。そのうち合流してくれるだろうと期待してゆっくり進む。(帰宅後にGPSの記録と地図を比べるとまさに推測通りで、地図上の道に途中から一致していたのだが、)地図の道を進んでいる確信が得られないまま、左へ下降傾斜している道を行く。道が不安なので、ゆっくりしか進めない。感覚としてかなり長い時間の後に、分岐に遭遇。エッ、これがこの地図にある二股分岐なの?もっと先まで来てないの?コンパスで確認すると方向は合っている。分岐を右に進む。ダラッとした斜面。烏帽子岳へ登る登山道であることを示す上田市の標識があるので、このまま下れば行き止まりにならずにどこかに出ることは確かだろうと、現在位置ははっきりしないがとにかく下る。下った先がどこなのかも標識に書いてくれればいいのにと標識に出会うたびに思う。


より大きな地図で 菅平高原24Milestones を表示

相棒が、尾根を下っているから地図通りだよと言うが、私は自信が持てない。道が右に折れる。地図にも右に折れる箇所がある。ああここかと思う。でも、すぐに現在地不明状態になる。時々前方下方に人工的灯りが見える。どこに出てもいいから早くあの灯りのところに着きたいと思うが意外と着かない。右に折れた後も随分下った気がする。突然目前に鉄塔が現れた。送電線の柱。ああ、道を北に外れたんだと知る。鉄塔の下を通過し、ひたすら下る。ようやく自動車が通れそうな道に出た。道なりに進む。かなり曲がりくねったが、午前1時01分53秒、変電所の前に出た。現在位置が完全判明。烏帽子岳を下り始めたとき目指していた#51へは南へ約2km。なんだか心身ともに疲れた感じで、一目散に菅平のゴールに向かいたい。
なによりも水分が欲しい。烏帽子岳の下山の途中で水がなくなっていた。

◆続きを読む・・


関連記事

ロゲイニング コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△