FC2ブログ
カレンダー

プロフィール

    shirube

    • Author:shirube
    • FC2ブログへようこそ!
      ジャーニーランや山岳走を含むウルトラマラソンが大好きです。
      最近は、ロゲイニングに入れ込んでいて、只今ロゲイニング修行中です。 2010年は、奥武蔵・弘法山・菅平12・TREKNAO・鎌倉・横浜・菅平24・富士山麓・北八ヶ岳・etc..に参加。

      (似顔絵はAbi-Stationで作りました。)

ブログ内検索

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

    管理人宛への通信に以下のメール
    フォームをお使いください。

    お名前:
    メールアドレス:
    件名:
    本文:

RSSフィード
Book etc.

    古本市場古本市場


あし@

ブロとも申請フォーム

東海自然歩道・恵那ルート1日目

2004年11月19日[23:32:55]
天気予報によれば、岐阜の19日の天気は「曇り後晴れ」ということだったので、
日程的に都合の良いこの木&金曜に、恵那ルート走りを敢行することにした。

夜行の「ながら」に乗って、豊橋まで生き、夜明け前の時間を駅のベンチで過ご
して、始発電車を待って東岡崎へ。さらにバスを乗り継いで、伊勢神峠の峠下
まで行き、いよいよ走行開始。天気は曇り。でも、バスを降りる直前、バスの
フロントガラスには小さな雨滴がついていた。

恵那ルートの始点である寧比曾岳に向う。峠下のバス停から自然歩道までが1.
4km、ほとんど登りで、キロ10分以上かかった。バスの遅れもあり、初め
から予定が狂った。約5kmの寧比曾岳往復が1時間弱ずつ。その後も、ずっと
そのくらいのペース。山道では遅くても、平地になれば少しは速く走れるだろうと
期待したが、そんな平地がどこにある?!アップダウンの連続。後半は、平地が
あっても、軽い下りになっても、もうスピードアップの出来ない脚になっていた。

楽勝で明るいうちに通過する見込みだった明智町到着が、もう夕暮れ時。でも、
さすがにここで1日目終了では、明日のみでの完走が難しくなるので、次の岩村
町まで頑張ることにする。暗い夜道、ほとんど街灯はなし。持参のライトだけが
頼り、小雨が降っているようなそうでないような程度の天気なので、そのライトが
心細く感じられる。

舗装道路ならまだしも、山道の道探しは大変。道標を見逃すととんでもないところ
に行ってしまうかもしれない。凸凹な山道がそこを歩くだけで暗いときは大変。
より一層遅くなり、しかも体力消耗。山道が終わりホッとする。

しかし、暗いとスピード感覚が狂う。ある分岐で現在地を取り違え、行ったり
来たりしてしまった。

ようやく岩村駅についた。駅前にも宿屋があるとガイドブックに書いてある記憶
だったが、駅前の食堂で尋ねた解答はNO。駅に取って返して、すでにホームに
止まっていた明智鉄道の恵那行きに飛び込む。これを逃すと、次発まで1時間以
上待ち。恵那駅近くのビジネスホテルに宿をとることにした。

関連記事
スポンサーサイト



日記 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△